キャッシングブログ

今が旬のおすすめキャッシングから、金融裏情報まですべてをお届けします。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一般的に金融会社では、様々な記録を閲覧することができます。

借入れ状況や返済状況、お申し込みをされた情報など、それを元に融資可能かどうかを判断するのです。

しかし、この信用情報機関への照会を上手く利用することで、希望した金額を確実に利用することもできます。
よく言われている事は、破産や債務整理、金融事故などは5年間、返済義務、時効なども5年と考えられています。

時効などは、督促等により期間が変わってしまう場合もありますし、破産や債務整理なども状況によっては、10年以上利用ができないということもあります。

これは以前もお伝えした、「その方によって状況がまったく違う」ということもあります。

破産、免責後、3ヶ月でキャッシングをした方もおりますし、何年間もカードが1枚も出来ないという方もおられます。

これは各金融会社での捉え方にもよります。

ご自身が、どの信用情報機関で照会され、お申し込みをした際にどのように審査をされているのか?ということが重要なのです。
(一般的な情報機関を、左の一覧にまとめています。参考にして下さい)


金融会社の審査方法は、お申し込みがあると情報機関に照会をし、各店舗で融資が可能か判断します。

仮に、Aという金融会社が全情連のみ登録している場合、クレジット系、信販系、銀行系などの情報はわからない、ということになります。

逆にBという金融会社が、CIC、CCBのみ登録しているとすると、消費者金融系、銀行系の借入れ状況、返済状況はわからない、となるのです。


実際にご利用されている方からすると、消費者金融系もクレジット系、銀行系も同じだと考えがちです。

「借り入れ」「毎月の返済」ということで言えば、住宅ローンでもキャッシングでも同じ、となります。

しかし金融会社からすると、まったく違うということがいえます。

クレジットカードで5、6枚、キャッシングも利用している(300万円以上)の方が、低金利の消費者金融系でまとめることが出来た方や、破産、債務整理後に、クレジットカードを普通に利用されている方もいるのです。


一般的に他社のご利用が多くなると、最初の頃の様に希望通りの融資を受けることが難しくなります。

しかしお申し込みをされる際に、少しでもこういったことを理解していることにより、出来る限り希望通りの金額の融資、おまとめローンなども可能になります。

詳しく調べることをしなくても、消費者金融系とクレジット系のお申し込み方法の違いだけは、理解していた方がいいでしょう。

さらに詳しく知りたい方は、人気blogランキングへ応援お願いします。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。