キャッシングブログ

今が旬のおすすめキャッシングから、金融裏情報まですべてをお届けします。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前からお伝えしている、「融資枠の確保」ですが、今回はクレジットカードについての条件です。

一般的に、クレジット系、ショッピング系カードは、審査が難しく、カードが止まることも早い、ということがあります。

毎月の引落としでの返済時に、カードによっては1~2度、ほとんどのカードが3回前後の「残高不足」「引落とし不可」となると、カードが止まり、利用することができず、返済のみとなってしまいます。

1度カードが止まってしまうと、今後のカード利用にかなりの影響がでてしまうのです。

これは、ご自身の信用を守る意味でも、絶対に避けなければなりません。

もし仮に、返済日に遅れそうな場合、必ずご自身で連絡することが重要です。
連絡無し、向こうからの連絡待ち、ということは、今後取引(利用)する上でかなり不利になることがあるからです。


その他にも、現在ご利用されているカードが止まると、新たに他のサービスのカードを作ることも難しくなるケースがあります。
これも、各カード会社が照会する信用情報機関が同じということもあり、返済の遅れ、利用金額等、細かな情報が閲覧できるシステムとなっています。


一般的なクレジット系、ショッピング系も、やはりカードを複数利用することが重要です。

できれば、お申し込み後にカード発行となった際に、もう1枚同じカード会社で他のサービスを受けることがいいのです。
1度審査に通過していることもあり、ほとんどのカード会社がもう1枚、2枚と複数作ることも可能なのです。
(VISAで1枚、マスターで1枚という様に)

こういった対応をすることによって、実際にご利用する前にカードを複数作ることもできますし、使う店舗(提携している百貨店やスーパー等)によって、カードを使い分けることによって、ポイントやキャッシュバック等のサービスをより多く受けることもできます。


消費者金融系もそうですが、他社のご利用が多くなってからでは、希望した金額、希望したカードを作ることが難しくなります。

できればその前に、使うであろう金額の確保、利用するカードの種類を明確にし、より多くのサービスを受けることが重要です。

裏情報、裏取得方法満載の無料メルマガ公開中です。
無料登録フォーム(ID 0000178250)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。