キャッシングブログ

今が旬のおすすめキャッシングから、金融裏情報まですべてをお届けします。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は、毎月の利息と振り込み手数料についてです。

普段何気なく振り込みを利用している方も多いと思いますが、利用の仕方によっては損をしている場合があります。

最近では、低金利で利用できる店舗やサービスも多く、実際に毎月の返済金額や金利を抑えることを目的とする借り換えや、一本化なども人気があります。


しかし、本当に得をしているのかが問題なのです。
一般的に消費者金融系の金利は25%~29%前後、低金利系では15%~18%前後となっています。

その中で消費者金融系の会社は、とにかく店舗数が多く、実際に利用できるATMやコンビニ、銀行や信用金庫と、かなり幅広くなっています。

しかし最近の低金利系で多いのが、カードレスや店舗を持たないサービスなのです。
カードが無く、店舗がないということは、毎月の返済を振り込みで行なうようになり、利用する銀行によってはかなりの出費となります。

これでは、せっかく低金利で利用していても意味がありません。

銀行にもよりますが、現金での振込み手数料は、3万円以下でも105円~420円、3万円以上になると420円~630円必要となります。

細かいかもしれませんが、これが毎月数回の振り込みとなると、店舗数の多い消費者金融系のほうがお得ということになります。


最近では、こういった状況を改善するために、各金融会社で手数料が必要ない(安い)ネット銀行の利用や、ご自身の銀行口座からの引落としを行なっているサービスもあります。

1番良い方法は、低金利での利用で、毎月の返済が口座からの引落としが可能なサービス、或いは近所に支店や提携ATMがあることが理想なのです。

毎月の返済が振り込みとなっている方は、早めにネット銀行への切り替えをした方がいいでしょう。
100円、200円かもしれませんが、半年、1年間で考えるとかなりの金額になるのです。

せっかく低金利で利用していたとしても、トータルで損をしているのであれば意味が無いのですから。

裏情報、裏取得方法満載の無料メルマガ公開中です。
無料登録フォーム(ID 0000178250)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。