キャッシングブログ

今が旬のおすすめキャッシングから、金融裏情報まですべてをお届けします。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近では、インターネットの普及により、すべてがオンラインで完了するサービスも多く、クレジットカードでの買い物をされる方も多いのではないでしょうか。

そのクレジットカードですが、ほとんどのカードには「キャッシング枠」と「ショッピング枠」とがあり、限度額の範囲内であれば、いつでもどこでも利用することができるようになっています。

しかし、ほとんどの方が誤解されていることは、クレジットカードでのキャッシング枠と、買い物専用のショッピング枠は、まったくの別扱いとなる、ということです。

これは、一般的な消費者金融系やローンカード系でのお申し込みにも影響することですが、クレジットカードでのキャッシングは照会することができるというものです。

基本的に、金融会社へのお申し込みを行うと、融資が可能かどうか、カード発行を行うかどうかを審査するために、各信用情報機関への照会をするのです。
そこで、各金融会社の規定内(返済の遅れや他社のご利用状況などを調べて可能)であれば、融資を受けることもできますし、カードを受け取ることも出来るようになります。

しかし、今までは、消費者金融系は消費者金融のみ、クレジット系はクレジットカードのみの信用情報の照会となっていたものが、最近ではクレジットカードでのキャッシング枠の利用も照会(調べることが可能)できるようになっています。

この原因はいくつかありますが、やはりここ数年の提携や合併による金融業界の動きがあるのでしょう。

今までは、完全に分かれていたものが、クレジット会社でもローンカードを大々的に行うようになり、中堅の消費者金融系は、銀行系や流通系との合併を行い、生き残りを賭け再出発をしているということもあります。


最近の融資状況やカード発行状況を見ると、お申し込み時の他社のご利用件数の入力の際には特に注意が必要となります。

仮に、クレジットカードを持っている方で、そのカードでのキャッシング枠を利用されている方は、そのキャッシングでの利用分を加えなければならないということです。

逆に、ショッピングでの利用をされている場合、一般的な消費者金融系やローンカード系でのお申し込みには、ショッピング利用分は申告する必要が無いということです。


これは、あくまでもキャッシングを利用される際のお申し込み時の申告の仕方ということにはなりますが、これを上手く利用することで、かなり便利にかなりお得に利用することができるのです。

続きは
裏情報満載のまぐまぐ無料メルマガで公開します。
無料登録フォーム(別窓です)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。