キャッシングブログ

今が旬のおすすめキャッシングから、金融裏情報まですべてをお届けします。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今まで考えたことはありませんか?
仮にキャッシングしたとしても、金利を支払わず元金のみでの返済です。

一般的なキャッシングの場合、50万円利用すると20万円~30万円は利息に消え、4年間又は5年間に支払う総額は70万円~80万円にもなります。
これが100万円の場合、某大手でのキャッシングでは、3万4千円づつの支払い、48回までで、総額160万円以上にもなります。

ということは、4年~5年で返済した場合、融資を受けた金額の半分以上は利息なんです。

これは、銀行系のキャッシングでもほとんど変わりません。
(逆に総額が多くなる場合もあります)

銀行系は単純に返済期間が、長く設定されているからです。
某有名銀行系の場合、最長94回まであり、50万円のご利用の場合、月々1万円で完済したときの金額は、総額94万円にもなります。

これらをすべて、限りなくゼロにする魔法があるんです。
それは、キャッシングの仕方なんです。

どういう風にキャッシングをするかによって、3年後、5年後に、何十万と違ってきます。
もしかしたら、百万単位で違うかもしれません。

もし仮に、今現在Aという会社から、100万円キャッシングしているとします。
ここで他の金融会社から、もう一度同じ金額を融資してもらいましょう。
その会社は「シンキ」という会社です。
ノーローンのCMでもおなじみの、かなり大手の金融会社です。

ここは、1週間何度でも利息がかからないお店なんです。
もしこの会社で、100万円融資を受けることが出来た場合、今お借りしている会社を完済しましょう。

7日後、もう一度今まで利用していたA社から、100万円を借りましょう。
そしてその100万円で「ノーローン」を完済しましょう。
次の日、再度「ノーローン」のカードから、また100万円利用しましょう。
もう一度A社を完済してください。

これを繰り返すと、100万円キャッシングをしているのに、限りなくゼロに近い元金のみの完済ができます。

この「ノーローン」というサービスを使うと、この他にも様々な利用の仕方ができます。
50万円でも出来ますし、他社のご利用200万円以上でもできます。
実際に、200万円以上でこの方法を利用している方もいます。
(「ノーローン」で融資を受けた金額のみ、他社の返済に充てます)

さらに事業者用のサービスも行なっていて、300万円までの融資(条件は一緒です)も、一週間、何度でも無利息なんです。
自営の方で、この方法を使って、300万円の利息をゼロにしている方もいます。

面倒だと思うかもしれませんが、毎月お支払いをした金額が、そのまま元金になるんです。

毎月3万円の支払いで、半分以上は利息になります。
最初の1年~2年は、元金がほとんど減りません。
それが一ヶ月で、数円~数十円の利息で済むんです。
年間で千円もあればお釣りがくるでしょう。
毎月ガンガン元金が減っていきます。

最近は、10日間無利息だったり、一ヶ月無利息にしているお店があります。ただこれはサービスの範囲内で、初回のみの適用なんです。

「ノーローンのシンキ」は、一週間何度でも(一週間後に完済、翌日からまた一週間無利息の適用)なんです。
この会社で融資を受けると、他の金融機関で利息を支払うのが、バカバカしくなります。

毎月利息に充てるつもりのお金を元金に回しましょう。
今まで通りでいいんです。
この方法で、単純に計算すると、今までの返済期間の半分以下で完済します。
利息に充てているお金が、すべて元金になるのですから当然です。
5年かかる完済が2年で終了します。

ただ1つだけ問題があるとすれば、審査が厳しいんです。
他社でのご利用が6件以上あると、ほぼ絶望的です。
他社のご利用残金も、200万円から250万円くらいまででしょう。
最大手の消費者金融の店舗と、ほとんど同じです。

ただ考え方を変えると、たとえ20万円~30万円くらいの、小さな金額の融資だったとしても、他社の返済に充てて、「利息をゼロにする」ということに変わりはないんです。
他社の利用50万円のうち、20万円だけでもこの方法を使うと、かなり支払いが楽になります。
たとえ利息の低い銀行系で、融資を受けたとしても、結局は長期に渡って、利息を支払うことに変わりはないんです。

半分だけでもいいんです。キャッシングの仕方を変えるだけで、それが年間で計算すると何万円、何十万円にもなるのですから。

詳細は、ノーローンHPで。

さらに詳しく知りたい方は、人気blogランキングへ応援お願いします。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。