キャッシングブログ

今が旬のおすすめキャッシングから、金融裏情報まですべてをお届けします。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ショッピングカードやクレジットカードのお申し込みをされる際に、皆さんはどういう風にお申し込みされているのでしょうか。

クレジット系、ショッピング系のカードが作れない、という方は、もしかしたら間違ってお申し込みをしているかもしれません。
クレジット、ショッピング系の場合、一般的な信用情報機関が違います。
消費者金融系と言われる情報機関と違うのです。

オンラインからお申し込み画面を開き、名前や住所などを書き込みます。
最後のほうに、他社のご利用件数や金額の記入欄があります。

そこでもし、クレジット系のお申し込みの場合、消費者金融系や銀行系(住宅ローン、自動車ローン等含む)の件数や残金を打ち込んでしまうと、かなり審査が厳しくなる場合があります。
状況によっては、自動審査のみでの否決ということもありえます。

逆に、消費者金融系のお申し込み時に、クレジット系、ローン系、住宅系の申告も同じで、特に伝える必要はありません。

最近では、ごく当たり前のようになってきている、お申し込み時の件数や残金の記入ですが、個人的に私は、本来は必要ないものと考えています。

融資が可能かどうかは、各店舗での判断ですし、信用情報機関へ照会すれば済みます。
お申込者にとって、いろいろと詮索されて聞かれることは、あまりいい気はしないものです。

大手の店舗では、そういった細かい気配りが出来る会社もあります。


最近クレジット系で、柔軟な融資を続けているフォーライフですが、この店舗でのお申し込みは、消費者金融系やカード系も特に伝える必要は無いようです。

仮に利用されていたとしても、記入欄には無しということでいいようです。

自動審査後に連絡が来ますし、数分の間で融資可能か、独自に審査を行なっているからでしょう。
カード発行から実際の融資までも秒速で、柔軟に対応している理由には、こういったこともあるようです。

さらに詳しく知りたい方は、人気blogランキングへ応援お願いします。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。