キャッシングブログ

今が旬のおすすめキャッシングから、金融裏情報まですべてをお届けします。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一般的にお申し込みの際には、ほとんどすべての情報を必要とします。

オンラインからの入力項目についても、かなり詳しく記入しなければならない店舗もあります。

最近ではオンラインの場合、簡単な入力で仮審査をする店舗も増えていますが、いくら簡単だとしても、入力する際は十分注意が必要なのです。
あまり気にしない方も多いと思いますが、記入する方法によっては、審査の結果に大きな開きが出ることもあります。

初回の融資金額や融資の可否、ご利用を開始した際のその後の増額、利息の引き下げにも影響が出る場合があります。

それは、すべてが一番最初に記入をされた内容によって決定しているからなのです。

あまり詳しくブログではお伝えできませんが、簡単に一番最良なお申し込み方法が幾つかあります。(メルマガで詳しくご説明します。詳細はこちらです。)

名前や住所、勤務先は今までと同じですが、年収や利用目的、他社のご利用件数やご利用金額など、見落としがちな項目が幾つかあります。

給料や年収については、もちろん税込みの金額、ざっとどのくらいの金額になるかで構いません。

利用目的は、家具家電の買い物や旅行などのレジャー資金でいいでしょう。
他社の返済や生活費、引越し資金等で伝えてしまうと、生活が苦しいと思われ、融資が難しくなる場合があります。

引越し資金というのも、店舗側で拒否する場合があります。
今までと住所が変わってしまう事を、金融会社は嫌うからです。

他社のご利用の件ですが、今現在ご利用されている方は、本当に注意が必要です。
以前もお伝えした、クレジット系と消費者金融系とでは、まったく違います。
消費者金融系にお申し込みをする際は、クレジットカード類は記入する必要はありません。もし仮に、キャッシングをされていたとしても必要は無いのです。

逆に、クレジットカードのお申し込みの際は、消費者金融系を伝える必要はありません。

金融関係にあまり詳しくないという方は、右下のキャッシング一覧をご覧下さい。低金利、
銀行系、クレジット系、消費者金融系と、簡単にではありますが分けて記載しています。

お申し込み金額についても、店舗側から希望の金額を聞かれます。
その際は、出来れば大きい金額の方がいいでしょう。

10万円を希望されている場合、20~30万円、30万円を希望されている場合、50万円というように、多少希望の金額よりも多めに伝えた方が無難です。

どうしても初回の融資金額は、状況にもよりますが、小さくなりがちです。
もし希望された金額よりも少ない場合、また他の店舗での融資が必要にもなります。
ほとんどの店舗が、初回融資金額の上限が50万円になっているので、お申し込みの際は、
50万円とされた方が無難です。

簡単にお伝えしましたが、まだまだ細かい点はたくさんあります。
これは、お申し込みをする際の目安としてお考え下さい。

どなたでも、100%可能な融資は、ヤミ金業者以外にありません。
しかし希望されている金額を、確実にキャッシングすることは可能なのです。

できれば、住所変更や収入の増加等、初回のご利用時に比べて良い方に変わっている際は、早めの店舗へのご連絡がいいでしょう。

金利引下げや増額、見直し融資などが期待できるからです。
メルマガでさらに詳しくお伝えします。

さらに詳しく知りたい方は、人気blogランキングへ応援お願いします。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。