キャッシングブログ

今が旬のおすすめキャッシングから、金融裏情報まですべてをお届けします。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前、年末の融資、月末の融資は、比較的柔軟に対応する、ということをお伝えしましたが、逆に条件によっては厳しくなることもあります。

その条件とは、今現在キャッシングをご利用されている方は、特に注意が必要です。
それは、キャッシングをご利用されている方の支払日によるものです。

最近ではご利用される際に、ご自分で給料日等に併せて支払日を決定することが可能な店舗もあります。

この支払日が重要なのです。

一般的に、キャッシングをご利用される時期は、どうしても月末に偏りがちです。
それは、支払いが月末にまとめてくる事があるからでしょう。

他の返済や家賃、光熱費等の支払、携帯電話料金もそうでしょう。

その時に、慌ててキャッシングをご利用するケースが、本当に多いのです。
昨日お伝えしたとおり、利用目的が「返済に充てる」ということを金融会社は嫌います。
出来れば「旅行、買い物等の資金」としたのはこのためです。

返済は遅れずにします、ただ急な出費で~万円必要、ということが大事なのです。

仮にキャッシングをご利用する際は、返済日1週間前からのご利用は避けた方がいいでしょう。

他のお支払いが、毎月30日としている場合、出来れば25日前後~支払日の30日までは、ご利用を控えた方が無難です。
急な出費の際でも、この時期は外した方がいいでしょう。

しかし、どうしても必要な場合、他社の消費者金融、クレジットカード等をご利用中の方は、せめて支払日だけでも避けましょう。

この日にお申し込みをするということは、「他社の返済目的」と思われてしまいます。
わざわざ厳しくなる日に、お申し込みをされる必要はありません。
支払日を過ぎてからでも可能、ということであれば、その後にご利用された方がいいでしょう。

ご利用は計画的に、といいますが本当にそうなのです。

最近では、銀行系でもクレジット系でも、利用料や年会費が必要ないカードはたくさんあります。
ポイントバックやキャッシュバック機能が付いているカードなら、さらにお得にご利用することも可能なのです。

慌ててお申し込みやご利用をされる前に、予めカードを作っておく方が賢いのかもしれません。

さらに詳しく知りたい方は、人気blogランキングへ応援お願いします。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。