キャッシングブログ

今が旬のおすすめキャッシングから、金融裏情報まですべてをお届けします。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ショッピングカードやクレジットカードには、様々な種類やサービスがあります。
その中でも、ゴールドカードやアメリカン・エキスプレスの様な「ステータスカード」を利用されている方も多いと思います。

確かに便利で、海外などでの補償も充実、限度額も柔軟で、1度は持ちたいカードのひとつです。

しかしこれらのカードは、不思議なことがたくさんあります。
まず、審査基準です。
普通の会社員の方や公務員の方でも、実際のカード発行率は極めて低く、ほとんどのカード会社がお申し込みをされた方の中から選んでいる状況です。

カードによっては、勤続~年以上、年収が~万円以上、業種や職種も限定され、所有財産や家族構成まで審査しています。

さらに、年会費が数万円、数十万円必要なカードも存在します。

最近では、GE Moneyゴールドカードダイナースクラブカードのような、多少お申し込みをしやすいカードもありますが、内容はほとんど変わらない現状です。

確かに、これらは本当に素晴らしいカードだと思います。
世界的にも有名で、セキュリティやサービス内容も充実、年会費を支払ったとしても十分すぎるほどのサービスを受けることができます。

しかし、残念ながら一般的ではないのです。
限られた方専用のカード、という印象です。

このカードを持ちたいと思い、頑張っている方も多いでしょう。
このカードを利用することで、ステータスを手に入れた方もいるでしょう。

しかし、普通に会社員として仕事をしている私からすると、まったく縁の無いものであり、その存在理由がわからないと感じています。

1度は使ってみたい、というヒガミなのかも知れませんが。

さらに詳しく知りたい方は、人気blogランキングへ応援お願いします。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。